be off

ホームページをリニューアルしました。
Design by GEOBIODESIGN

よろしくお願いします。

設立の際、多くのボランティア、援助基金に支えられて出発したbeoff
2004年から2006年までの3年間、beoff運営委員会なる名称で
毎月委員会を開催し、自主企画やレンタル事業を立ち上げてきました。
そこに携わった人々が関与する「アートによる地域創造実行委員会」が発足
新たな事業がスタートできました。
これを機に、beoff運営委員会という名称をストップし、ただのbeoffで展開します。
4年目に入り、ことを投げかけ走りだした者として、より覚悟してここを築いてゆくこと
独りの限界も噛みしめつつ、助けて頂きながら踏ん張り時と思っております。

これまでの皆様への感謝と共に、よりよきbeoffをこつこつ築いてゆくこと表明します。
皆様、ご期待下さい。
そして、今後もますますの素晴らしいbeoff助っ人隊の応援、
心よりお願い申し上げたてまつりまする

beoffダイレクター 妻木律子

投稿者 ricchan : 16:01 | コメント (0) | トラックバック

beoff周辺リニューアル

今年のbeoff周辺・・・吉野は、まさにファイン・フィールドになります。
ギャラリー悠日2は、棟続きの蔵をリフォームし、2階スペースのギャラリーに変身
1Fは、ちょっと屋根の低い土っぽい空間、2Fは梁を感じる屋根裏のような懐かしい空間
6月2日にはこの2Fのギャラリーで年間常設される高橋靖史さんの展示オープニングで
妻木もダンスいたします。

そしてこの写真は、beoffから東北にあるトタンも赤錆の建物・・・・
中身がすっかり取り壊されて、こんなにも美しい状態で、新しい住人を待ちわびています
ここには、フレンチレストランが・・・・・
beoff%E5%91%A8%E8%BE%BA.JPG
個人の熱が集まりだし、ここは本当にどこにもない、《ここ 》に生まれ変わる
凄いことです。

そしてこの大谷石蔵一角に隣接のkeica
オフホワイトながら彩りリズム感あふれる空間と手を抜かない作品ともいうべきメニュー
まさにアートカフェですよ。
落ち着くけど陥らない、ビビッドな静寂感を持つカフェです。
%E3%82%B1%E3%82%A4%E3%82%AB.JPG

投稿者 ricchan : 23:35 | コメント (0) | トラックバック

be off
〒320-0838 宇都宮市吉野1-7-10
お問い合わせ: Phone028-601-2652 fax028-601-2651
E-mail: info@beoff.org
website: www.beoff.org

<アクセス>
車の方:駐車場は、NO2から7 NO11から18
この14台は、クラシカルバレエアカデミーSOUと共有です。
できるだけ公共交通機関をご利用ください。

電車の方:
東武宇都宮線:南宇都宮駅 下車 徒歩1分
JR宇都宮駅からは関東バス「陽西通り経由鶴田駅行」バスに乗車し
「南宇都宮駅前」下車徒歩30秒

投稿者 ricchan : 17:22 | コメント (0) | トラックバック

公演予定

2007年3月25日宇都宮城址公園イベントにてダンス披露
野外の特設ステージで元気な本番終了しました。

2007年7月22日 高校生達による自主企画パフォーマンス in beoff(入場無料)
2007年8月 なかのコンペティション出品(希望者のみ)
2007年11月栃木県芸術祭出品予定
2008年3月20日 メモリアル・プレイ vol 11 in 宇都宮文化会館小ホール
(3月8・9日舞台リハーサル)
%E3%83%A1%E3%83%A2%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A42.bmp
2006年メモリアルプレイvol 10 
人形劇団くづつさん出演の「宇宙船地球号に乗って」より

投稿者 ricchan : 17:18 | コメント (0) | トラックバック

スケジュール及びクラス料金

月曜日/(10:30-12:00)身体のお手入れ
木曜日/(17:00-18:30):ジュニア
(18:30-20:00):中高生
    /(19:30-21:00):大人
金曜日/(10:30-12:00):大人
   /(16:15‐17:15):幼児クラス
   /(17:15-18:45):ジュニアクラス
   /(19:00-21:00):中高生一般

毎月第2日曜日/(10:30-12:00)メンズ・ボーイズクラス
上記クラスは、すべて大谷石蔵スタジオbeoffで行なわれます。

毎月第3・4火曜日/(17:30-19:30)バンビーニコミュニティクラス
17:30-18:00幼児 18:10-18:50ジュニア 19:0019:30ジュニア+一般
このクラスのみバンビーニとよさとで行います
幼児から小学生、保護者、保育士の皆さんのクラスです。
バンビーニとよさと以外の方も参加できます。


月謝(入会の際は、登録料5000円)
幼児クラス:5000円(週1回)
ジュニアクラス・合同クラス:6,000円(週1回)10,000円(週2回)12,000円(週3回)
大人クラス:7,000円(週1回)12,000円(週2回)15,000円(週3回)
大人クラスチケット(1クラスチケット):2,000円

マンスリー特別クラス(入会の際は、登録料2000円)
メンズ・ボーイズクラス(1クラスチケット):1,500円
バンビーニコミュニテイクラス(月謝):2,000円(30分基礎クラス)・3,000円

指導者:妻木律子・橋本麻衣

見学随時受け付けます、事前にお問い合わせくださりおいで下さい

電話:028-601-2652
fax:028-601-2651
或いは、メールで。

前田宏美さんのバレエクラスは、下記にお問い合わせください。
tel:028-633-8205 ableandnana@hotmail.com
水曜日/(10:45-12:30):シェイプ・アップ・バレエ
     /(19:30-21:30):大人(バレエ)

投稿者 ricchan : 17:02 | コメント (0) | トラックバック

コンセプト

2004年春、眠っていた大谷石蔵がスタジオになりました。
今年で、5年目のbeoffです。

闇をもつ静謐なシンプルな空間です。
なるべく余分なものを持ち込まずに、何かを起せる場所を目指しています。

ダンサー妻木律子が、ダンスを軸として
パフォーミングアートを中心に学び・コミュニケートする場として設立しました。
2004年から様々なゲストを迎えた企画公演やワークショップを開催。
また、レンタルスタジオとして定期ヨガクラスや練習場としての利用のほか、
本番(ダンス・演劇・音楽)が上演されました。

理想は、「学び、プレゼンスし、語り合う場」
アーとをみえないたべものと考え、生活の必需品として機能すべく
セルフエデュケーションする場、演者と観客、アートと人、人と人を繋ぐ場・・・・
アートコミュニテイ空間の創造です。

基本的には、
beoffならではの自主企画イベント事業
レンタルスタジオ事業を行っています。
(水曜から金曜は妻木律子主宰のダンスセンターセレニテの稽古場です)

アートに触れたい方、アートを深めたい方、
このシンプルで美しい空間においで下さい。


投稿者 ricchan : 16:59 | コメント (0) | トラックバック

be offの軌跡

be offの設計監理はGEOBIODESIGNにお願いしました。
手前のクラシカルバレエ宇都宮はGEOBIODESIGNとは関係ありません。
また、be offの設計等に関して、大谷石研究会、栃木県建築士会等は一切関係ございません。

DSCN2984.jpg
東武線南宇都宮駅の前に、戦前から取り残されて使用されていない大谷石の蔵
DSCN0188.jpg
以前は、味噌蔵としても使用されていたようだが、中は暗くて最初は使えるかどうかも不安な状態です。
IMG_0828.jpg
みんなでまず掃除をしました。集まってくれた方々と記念撮影
IMG_1099.jpg
床を張り、客席をつくりと着実に進んでいきます。
IMG_1189.jpg
雛壇が今回の一番の苦労する所。
IMG_1240.jpg
塗装は、みんなで塗りました。
IMG_1244.jpg
またまた記念撮影です。おつかれさまでした。

IMG_1272.jpg
机も制作しました。

IMG_1380.jpg
そしてスピーカーも制作、組立も。なかなか良い音でています。

IMG_1269.jpg
そして完成です。

投稿者 ricchan : 16:34 | コメント (0) | トラックバック

プロフィール

妻木 律子
ダンサー・コレオグラファ
公式ウェブサイト:http://www.tsumaki-ristuko.org

立教大学法学部卒業後、
ダンスのプロフェッショナルな活動に心身を投入。

ダンスセンターセレニテを主宰し
東京と宇都宮に拠点を持ちダンス活動を展開。

ダンス公演での振付・出演だけなく
ダンスクラスやワークショップも精力的におこなう。

日本人ばなれしたダイナミズムと
日本人特有の精神世界を併せ持つダンスは
日本だけでなく海外でも高い評価を得ている。

ダンス普及活動のひとつとして
アマチュアとプロによる新しい関係を成立させるグループ、
オープニングワークスの代表として
宇都宮におけるダンスシーンに新風をおこす。

2004年大谷石蔵を利用したアートコミュニティ空間
beoffを設立し、アートが生活の必需品となることを模索し
ディレクター分野にも着手

日々ダンサーとして湧き上がる何かを動機として
種々の事業を展開している。


受賞暦
1989年10月 埼玉県舞踊協会主催 国際創作舞踊コンクール 最優秀賞
1989年10月 栃木県文化協会制定 奨励賞
1989年10月 文化庁派遣在外研修員 NY(マース・カニンガムスタジオ)
1989年10月 現代舞踊協会制定 奨励賞
1989年10月 現代舞踊協会制定 ベストダンサー賞
2004年10月 文化庁派遣在外研修員 ロンドン(The place)

投稿者 ricchan : 12:54 | コメント (0) | トラックバック

図面・設備

照明設備
・間接照明(奥壁面下):ミニレフ球 40W×35灯 左右独立調光可能
・側壁スポットライト:ハロゲンビーム球 100W×10灯 調光可能
・天井舞台用照明(エルコ社製):両口金ハロゲンランプ 500Wx8灯 5系統独立調光可能
・天井CDM灯:CDM灯(放電点灯)70Wx8灯 調光不
・客席灯:ハロゲンビーム球 65Wx2灯 調光可能

音響設備
・スピーカー:床置き式フルレンジユニット(GEOBIODESIGNの設計・施工)
・アンプ:真空管アンプ、ステレオアンプ
・CDデッキ
・MDデッキ
・カセットデッキ

映像設備
スクリーン
プロジェクター

電気設備
・コンセント:単相100V 3400V

空調設備
・暖房設備:全面深夜電力蓄熱式床暖房
・冷房設備:あり
・換気設備:工業用換気扇排気式

給排水設備
・共有部分にトイレ(男女別)・洗面


図面ご希望の方は、お申し出下さい。

投稿者 ricchan : 11:42 | コメント (0) | トラックバック

写真

DSCN6321_1.gif
大谷石の蔵の群集の中にbe offはあります。写真はエントランス部分です。看板にはfinefieldと書かれております。古い赤い戸を開けて中にお進みください。

DSCN6308_1.gif
エントランス部分です。下は砂利敷、両側の壁は大谷石です。先に見えるのが耐鋼製鋼板で作られた仕切りの向こう側はトイレとなっております。

DSCN6306.gif
明かりとりのガラスブロックがあります。

DSCN6298_1.gif
入り口の扉です。丸い穴が開いています。be offの扉です。見にくいですが右側に下駄箱があります。ダンスフロアのため下足厳禁としてます。

DSCN6282.gif
入り口から見上げた写真です。CDM等が付いています。通常のライトはこちらを使用します。

DSCN6278_1.gif
客席です。雛壇と呼んでおりますが、下の段は移動式の雛壇となっております。収容人数としては通常50人、最大で80人くらいです。

DSCN6280_1.gif
移動雛壇を収納した状態です。上がPAスペースとなります。

DSCN6267_1.gif
手彫りの大谷石に囲まれ、上部は木組が見える。このようなスペースはなかなかありません。

DSCN6263.gif
CDM等を付けた状態です。

DSCN6269_1.gif
舞台側から客席をみています。

DSCN6338_1.gif
控え室です。客席の裏側になります。

DSCN6335_1.gif
PAスペースです。

投稿者 ricchan : 11:14 | コメント (0) | トラックバック

be off レンタル利用のご案内

アートコミュニティ空間 be off は、レンタルスペースとしてのご利用を歓迎しています。

練習場所としても、本番空間としてもご自由にご利用いただけます
(ただし、料金設定が異なります)

レンタル時間は、1時間から受け付けます。
利用時間の前後15分は入れ替え時間として取り扱います。

駐車場は、原則14台まで、
(ただし、隣接の施設の協定が得らる日程であれば、それ以上確保できます)

本来的にスタジオですので、通常の舞台に備わっている袖幕、サスやピンなどの照明機材、
音響反射板といった設備はありません。
(アップライトピアノ・音響機材あり)

しかし、三方を大谷石で囲まれた空間には、ここにしかない岩肌や闇と光、
そして天井の広がりや響きがあります。音の響きは、プロの方々から絶賛されています。

多目的ホールにはない「万能ではないこと」がこの空間の特徴でもあります。

ここでしかできない何かを大切にしていただきながら、
ぜひ皆様それぞれの個性あふれる豊かな時空間を創りだしてください。

投稿者 ricchan : 10:34 | コメント (0) | トラックバック

規約・料金

通常は、定期クラス以外の時間が貸し出し可能日です。
予約順に優先いたしますので、まずは、ご連絡下さい
駐車場が共有ですので使用台数に制限あります。
ご利用の際は、くれぐれも駐車場利用についてご協力ください。

基本施設使用料(使用料)
本番使用:全日(9:00-22:00) 50,000円
     時間単位  5,500円/h
練習使用:時間単位  3,000円/h
本番、練習の際に、照明機材使用の際は、+電気代700円/h

※観客を入場させる場合は、すべて「本番使用」とします。
※電気代はCDM灯以外の照明を使用した場合に限り徴収します。
※時間貸しの時間単位についてはすべて切り上げで計算します。
※利用状況、空きの確認は、お問い合わせください。

<違約金>
契約解除の通知を受けた日
本番使用:当日 -1週間前:100% 1週間から1ヶ月:50% 1ヶ月以上前:0%
練習使用:当日:100% 1週間前:50% 1週間以以上:0%


<利用規約>
禁止事項
(1) 館内で備え付け以外の暖房用、炊事用、プレス用器具などを使用すること。
(2) 建物内外を問わず、敷地内で喫煙すること。
(3) 建物内共用部分や建物周辺における高声、放歌または喧噪な行為その他で、周辺住民、通行人、クラシカルバレエ宇都宮に嫌悪感を与えたり、迷惑をおよぼしたりすること。
(4) 館内に次のようなものを持ち込むこと。
 (イ) 動物、鳥類(ペット類)ただし盲導犬・介助犬を除きます。
 (ロ) 不潔または臭気のため、他の利用者に迷惑をかけるもの
 (ハ) 著しく多量の物品
 (ニ) 火薬や揮発油など、発火あるいは引火しやすいもの
 (ホ) 適法に所持を許可されていない鉄砲、刀剣類
(5) 館内で火気を使用すること。
(6) 館内で賭博および風紀を乱すような行為をすること。
(7) be off の諸設備、諸物品をその目的以外の用途にあてること。
(8) 館内の諸物品を他の場所に移動したり、館外に持出したりすること。
(9) be off の建築物や諸設備に異物を取り付けたり、現状に変更を加えたりすること。ただし予め許可を得た照明器具等の取り付けを除きます。
(10) 建物内共用部分に所持品を放置すること。
お願い事項
(11) 駐車場は14台。ただし、お隣のバレエ教室と共用ですので、観客には公共交通機関を利用するよう告知を徹底してください。(機材の搬出入などのため、催しの主催者やスタッフの駐車が優先されます。)
(12) be off 施設内は土足禁止です。出演者が衣装の一部として靴を履く場合には、屋内用のものをご用意ください。また床にはリノリウムを敷いてありますので、ワックスや松ヤニの付着したシューズ類の着用はお断りします。
(13) be off のご利用中に生じた事故については、利用者の方に一切の責任を負っていただきます。雛段の可動部分(最大高1m)には両脇に仕切や手摺りがありませんので、子供さんなどが転落しないよう、特にご注意ください。
(14) 出演者やスタッフの弁当殻などをはじめ、be off の利用に伴って発生したゴミ類は、すべてお持ち帰りください。

施設使用約款
<適用範囲>
be off が使用者との間で締結する施設使用契約及びこれに関連する契約は、この約款の定めるところによるものとし、この約款に定めのない事項については、法令又は一般に確立された慣習によるものとします。be off が、法令及び慣習に反しない範囲で特約に応じたときは,
その特約が優先するものとします。
<施設使用契約の申し込み>
be off に施設使用契約の申込みをしようとする者は、次の事項をbe off に申し出すること
(1) 施設使用者名
(2) 施設使用日及び施設使用時間帯
(3) 施設使用料金(原則として別表第1の基本施設使用料による。)
(4) その他be off が必要と認める事項
使用者が、施設使用中に前項第2号の施設使用時間帯を超えて施設使用の継続を申し入れた場合、be off は、その申し出がなされた時点で新たな施設使用契約の申し込みがあったものとして処理します。
<施設使用契約の成立等>
施設使用契約は、be off が前条の申し込みを承諾したときに成立するものとします。ただし、be off が承諾しなかったことを証明したときは、この限りではありません。申込み金は、まず、使用者が最終的に支払うべき施設使用料金に充当し、違約金に次いで賠償金の順序で充当し、残額があれば料金の支払いの際に返還します。 申込み金を同項の規定によりbe off が指定した日までにお支払いいただけない場合は、施設使用契約はその効力を失うものとします。ただし、申込金の支払期日を指定するに当たり、be off がその旨を使用者に告知した場合に限ります。
<申込金の支払いを要しないこととする特約>
be off は、契約の成立後同項の申込金の支払いを要しないこととする特約に応じることがあります。 施設使用契約の申込を承諾するに当たり、be off が申込金の支払いを求めなかった場合及び当該申込金の支払い期日を指定しなかった場合は、前述の特約に応じたものとして取り扱います。
<施設使用契約締結の拒否>
be off は、次に掲げる場合において、施設使用契約の締結に応じないことがあります。
(1) 施設使用の申込みが、この約款によらないとき
(2) 当該日時において、施設使用の先約があるとき
(3) 施設使用しようとする者が、施設使用に関し、法令の規定、公共の秩序若しくは善良の風俗に反する行為をするおそれがあると認められるとき
(4) 施設使用しようとする者が、泥酔者もしくは伝染病者であると明らかに認められるとき
(5) 施設使用に関し合理的な範囲を超える負担を求められたとき
(6) 天災、施設の故障、その他やむを得ない理由により施設使用させることができないとき
<使用者の契約解除権>
使用者は、be off に申し出て、施設使用契約を解除することができます。
be off は、使用者がその責めに帰すべき事由により施設使用契約の全部又は一部を解除した場合は、違約金を申し受けます。be off 使用者が連絡しないで施設使用日当日の施設使用開始時刻を1時間経過した時刻になっても到着しないときは、その施設使用契約は使用者により解除されたものとみなし処理する事があります。
<be off の契約解除権>
be off は、次に掲げる場合においては、施設使用契約を解除することがあります。
(1) 使用者が施設使用に関し、法令の規定、公の秩序若しくは善良の風俗に反する行為をするおそれがあると認められるとき、または同行為をしたと認められるとき。
(2) 施設使用者が泥酔者もしくは伝染病者であると明らかに認められるとき。
(3) 施設使用に関し合理的な範囲を超える負担を求められたとき。
(4) 天災等不可抗力に起因する事由により施設使用させることができないとき。
(5) 火気の使用、危険物の持ち込み、その他be off が定める利用規則の禁止事項(火災予防上必要なものに限る)に従わないとき。
be off が規定に基づいて施設使用契約を解除したときは、使用者がいまだ提供を受けていない施設使用等の料金はいただきません。
<施設使用の登録>
使用者は、施設使用に先だって次の事項を登録していただきます。
(1) 使用者の氏名、年令、住所、連絡先
(2) その他be off が必要と認める事項
<室の使用時間>
使用者がbe off の施設を使用できる時間は、午前9時00分から午後10時00分までとします。be off は、前項の規定にかかわらず、同項に定める時間外の施設の使用に応じることがあります。この場合には別途定める追加料金を申し受けます。
<利用規則の厳守>
使用者は、be off 内においては、be off が定めて施設内に掲示した利用規則に従っていただきます。
<料金の支払い>
使用者が支払うべき施設使用料金等の内訳及びその算定方法は、別途定めます。前項の施設使用料金の支払いは、施設使用に先立ち、be off が指定する日までに行っていただきます。be off が使用者に施設を提供し、使用が可能になったのち、使用者が任意に施設使用しなかった場合においても、施設使用料金は申し受けます。
<be off の責任>
be off は、施設使用契約及びこれに関する契約の履行に当たり、又はそれらの不履行により使用者に損害を与えたときは、その損害を賠償します。ただし、それがbe off の責めに帰すべき事由によるものでないときは、この限りではありません。
<施設使用契約した室の提供ができないときの取り扱い>
be off は、使用者に契約した施設を提供できないときは、違約金相当額の補償金を使用者に支払い、その補償料は損害賠償額に充当します。ただし、施設が提供できないことについて、be off の責めに帰すべき事由がないときは、補償料を支払いません。
<使用者の手荷物又は携帯品の保管>
使用者が、be off 内にお持ち込みになった物品又は現金並びに貴重品に関し、be off は、故意又は過失により滅失、毀損等の損害が生じた場合でも、be off は、その損害を賠償いたしません。すべて使用者責任とします。使用者の手荷物が、施設使用に先立ってbe off に到着した場合は、その到着前にbe off が了解した時に限って責任をもって保管しお渡しします。使用後、使用者の手荷物又は携帯品がbe off に置き忘れられていた場合において、保管し等の措置は取りますが連絡がない場合には適切に処理させて頂きます。使用者の手荷物又は携帯品の保管についてのbe off の責任を負わないものとします。
<駐車の責任>
使用者がbe off の駐車場をご利用になる場合、車両のキーの寄託の有無にかかわらず、be off は車両の管理責任まで負うものではありません。
<使用者の責任>
使用者の故意又は過失によりbe off が損害を被ったときは、当該使用者はbe off に対し、その損害を賠償していただきます。


投稿者 ricchan : 10:09 | コメント (0) | トラックバック

お問い合わせ

2010年9月より電話が変わりました。
下記のようになりました。

be off のお問い合わせは、レンタル、セレニテ、公演等すべて
下記に電話、ファックス、メール等にてご連絡下さい。
2-3日しても連絡がない場合は、再度連絡をお願いします。

基本的に電話対応は限られた時間になりますので、
お急ぎであればFax或いはメールの方がスムーズです。

現地:〒320-0838 宇都宮市吉野1-7-10
お問い合わせ: Phone028-601-2652/fax 028-601-2651 E-mail: info@beoff.org
web http://www.beoff.ogrg/
火曜・土曜開催のヨガクラスのお問い合わせは
こちらへsara tochigi

投稿者 ricchan : 16:51 | コメント (0) | トラックバック

2007年度 自主企画公演

2007年は、「ダンスをより面白く感じるための基礎講座」のような勉強会
妻木律子ダンストライレクチャー編
毎月第2日曜16時から17時30分(日程変更もありますので、事前に予約を)

beoff海外アーティストによるスペシャルワーク
2007年9月15.16日ドイツより来日の音楽療法士ゲアハルト夫妻のワークショップ
2008年1月カナダ・ケベックより来日のルーシー・グレゴリー氏の新作公開リハーサル
2008年2月オランダから来日のケイティ・ダック氏のよるワークショップとパフォーマンス


妻木律子の個人の活動はありますので、HPでご確認ください。

また、アートによる地域創造実行委員会による「からだの学校」プロジェクトは2007年度も引き続き行われます。こちらも上記の妻木のサイトにアップしますので、其方をご覧下さい。詳細は5月になります。

投稿者 ricchan : 16:46 | コメント (0) | トラックバック

ダンスセンターセレニテについて

妻木律子が主宰するダンス教室。

幼児から大人まで、年齢及び身体条件様々な人が在籍しています。

型やステップを習うのではなく、自分自身のからだと向かい合うことを通じて
自分や人のからだを知り、からだに向かう楽しさを掴み心身の開放、拡がりの
ある心とからだを養います。

2004年4月より、新スタジオbeoffに移動。
クラスの種類が増えることになりました。
プロフェッショナルから初心者まで、セレニテにしかないクラスが増設されます。
  ダンサー妻木律子の長年のダンスキャリアから生まれる
テクニックおよび創造・感性のクラスです。
beoff%E7%A8%BD%E5%8F%A4%E9%A2%A8%E6%99%AF.jpgセレニテの由来は、ヴァン・ゴッホ
彼の晩年の作品には「セレニテがある」という坂崎乙朗氏の
「悲しみを乗り越えた明るさ、晴れやかさ、静謐」という言葉から生まれました。

投稿者 ricchan : 16:30 | コメント (0) | トラックバック